【2022実録】ConoHaサーバー評判と4つのデメリットと口コミまとめ

ConoHa WINGの評判とデメリットを紹介

ConoHaサーバーはGMOが運用するレンタルサーバーの一つ。ブロガーやアフィリエイターを始めとするSEOで勝負する人たちの中でパフォーマンスが良いことから人気急上昇中のレンタルサーバーです。(2022年だけで約9万人利用者増加)

ただ、ユーザーの注目度が高いだけに本当におすすめなのか?どのプランが最適?など疑問を抱く人も多いことでしょう。そこで本記事では実際にConoHaWINGを利用してどのプランが最適解なのかを徹底解説。

導入時の注意点や何がおすすめされるのか?メリットもデメリットも全部紹介しているので参考にご覧ください。

\ 新時代の人気レンタルサーバー /

目次

ConoHaサーバーの特徴と最適解プラン

ConoHaサーバーは共用レンタルサーバー、独自でサーバーを構築できるVPSサーバー、Windows環境で利用出来るWindowsサーバーが存在します。

ConoHaサーバー
ConoHa WING 公式HPへ

基本的にホームページやブログを作りたい方は共用サーバーを選ぶことになります。VPSサーバーはオンラインゲームをする方などに人気がありブログなどをする目的で利用する方は少ないです。

本当におすすめなのはベーシック

出典:ConoHa公式HP

料金表ではスタンダードが人気No1とありますが、実際のところ他レンタルサーバーの標準モデルと同じスペックなのがベーシックになります。ConoHaのベーシックはXSERVERのスタンダード相当になります。

従って一番下のベーシックを選ぶのが賢明です。サイト規模が大きくなり月間PV数が100万近くになってきたらスタンダードに格上げするといった対応するのが良いでしょう。プラン変更は運用中も可能です。

お得にサーバーを利用したいならConoHaWINGパック

ConoHa WING通常プラン
初期費用0円0円
料金体系月額
3ヶ月〜
時間単位
1時間2.2円
1ヶ月料金687〜1210円1,320円

ランニングコストを抑えたいのであればConoHaWINGパックを選ぶのは必須です。36ヶ月契約の場合キャンペーンにもよりますが47%オフになり、月額実質687円で利用することができます。

3ヶ月パックを選んでも1ヶ月1,210円なので通常プランよりも安いことになります。

ドメイン無料特典をうけるのもWINGパック

ドメイン無料特典

ドメインが2つまで契約期間中無料で利用出来るのもWINGパックです。通常料金プランに設定してドメインを個別で取得するのは得策ではありません。ただし、.jpといった無料対象でないドメインも存在するので必ずしもドメインの利用コストが0になるとは限りません。

お試しなら通常料金を選ぼう

動作確認やサイト表示速度のテストをしたい場合は通常料金を選ぶことをおすすめします。通常料金は期間契約ではなく時間単位で借りることができます。

1時間あたり2.2円なので仮に1週間お試しする場合は約370円(2.2円×24時間×7日)となります。

1番コスパが良いのは36ヶ月契約

月額料金トータル料金
3年間使い続けた場合
3ヶ月1,210円43,560円
6ヶ月1,100円39,600円
12ヶ月891円32,076円
24ヶ月842円30,312円
36ヶ月687円24,732円
※料金は一括払いになります。

やはり1番コスパが良いのは利用料金が47%オフになる36ヶ月契約です。一括支払いの際は痛手に感じますが、仮に12ヶ月毎に支払う場合、3年間で7000円以上損をする形になります。

名刺変わりやポートフォリオのような企業ホームページならサーバーの見直しはほとんど行わないので長期契約をしてしまった方が断然お得です。また、一括支払いなので経費の処理もしやすいです。

ConoHaサーバーの良い評判9選

  1. WordPressブログを初心者でも始められる
  2. 高機能サーバーの中で料金がダントツで安い
  3. 初期費用と独自ドメイン2つが無料
  4. ページの表示速度が速い
  5. WordPressテーマを割引料金で購入できる
  6. 日割り料金で使える
  7. WordPressサイトの引っ越しも簡単
  8. キャンペーンでお得に契約できる
  9. 誕生日割引や学割がある

WordPressブログを初心者でも始められる

すぐにワードプレスを始められる

ConoHaサーバーではワードプレスを簡単にインストールできるボタンが管理画面に用意されています。といっても最近ではどのサーバーも簡単に始められるのは当たり前。

しかし、ConoHaサーバーでは簡単にワードプレスをインストールできるだけでは終わりません。ワードプレスは初期状態でブログを始めることは実質不可能で、テーマという雛形をワードプレス内にさらにアップロードする必要があります。

ConoHaサーバーでは初心者ブロガーの人気入門テーマ「COCOON」のアップロードも同時に行えるため、ワードプレスを入れた直後からブログを始めることができます。

高機能サーバーの中で料金がダントツで安い

ConoHaサーバーはサイト高速化機能はもちろん、本来有料のグレードの高いSSLを無料で利用することができるなど他のサーバーと比べても機能性が高いです。

ConoHaXSERVERmixhost
12ヶ月891円1,100円990
24ヶ月842円1,045円1,210
36ヶ月687円990円1,650円

高機能に分類されるサーバーはエックスサーバーやmixhostなどが挙げられますが、それらのサーバーと比較しても利用料金が安く、長期契約の上限である3年プランを選択すると月額492円〜687円で利用することも可能です。(キャンペーン適応時)

ページの表示速度が速い

ConoHa
サイト表示速度
PC表示速度
98
SP表示速度
84
XSERVER
サイト表示速度
PC表示速度
94
SP表示速度
81

先述した内容と被りますが、ConoHaサーバーの最大のメリットはページ表示速度で良いパフォーマンス発揮できることにあります。「安定かつ最速」で引き合いに出されるエックスサーバーと比較してもパフォーマンスがConoHaの方が優れている結果になりました。(当サイト調べ)

もちろん、どちらも高性能なため、どちらを選んでも間違いないですがコスパを考慮するならConoHaサーバーを選ぶ方がランニングコストが浮くためブロガーならマネタイズしやすくなります。

ページ表示速度はサイト設計や導入しているプラグイン数、画像枚数、ページ数などによって変動します。当サイトの検証は同じサイトデータを利用して表示テストを行なっています。

初期費用と独自ドメイン2つが無料

格安レンタルサーバーの多くは初期費用が発生しがちですが、ConoHaサーバーでは初期費用はどのタイミングで契約してもかかりません。

また、独自ドメイン(自分の好きなドメイン)が契約期間中なら2つまで永久無料なため、ドメインの利用料のランニングコストを大きく削減することができます。

例えば.comを利用したいなら取得に1400円、さらに年間利用料が1400円ほどかかります。ですが、ConoHaサーバー利用者ならそれが無料になるので、3年間ConoHaサーバーを利用する場合は5600円ほど浮くことに。

取得1400円+更新3回4200円=合計5600円

2つのサイトを運用する人からすれば10,000円以上お得ということになります。

ドメイン料金表一例

取得費更新料
.com1,4081,408
.net1,4081,408
.xyz1,5181,518
.tokyo2,1782,178
.info1,5181,518
.biz1,6281,628
.org1,5181,518

上記のドメインはConoHa WINGなら無料になります。

WordPressテーマを安く購入できる

ConoHaテーマ

WordPressテーマとはブログやホームページをWEB初心者でも簡単に作れるようになるテンプレートのようなものです。WordPressテーマは有料テーマの方がクオリティが高く機能も充実しています。

ConoHaでは有料テーマの中でも人気の高いSANGOやJINを割引価格で購入することができます。他では割引購入することができないのでConoHaユーザーは必見です。

ちなみに当サイトはSWELLを使用しています。

時間単位料金で使える

ConoHaサーバーをお得に利用するなら「WINGパック」の12ヶ月もしくは36ヶ月契約するのが一番コスパが良いです。しかし、料金は一括支払いなため、そこまで使用するか自信がない・相性が合わないかもしれないと不安を抱えている人も多いでしょう。

ConoHaサーバー標準料金

ConoHaサーバーではお試し期間こそないものの、サーバー利用を時間単位で支払う方法も取ることができます。つまり、少し使ってダメだったら解約することもできるのです。ConoHaから他サーバーに引っ越す場合にも活用できる料金システムなので参入もしやすく撤退もしやすいといったところ。

1時間あたり2.2円で利用することが可能です。

WordPressサイトの引っ越しも簡単

簡単移行

ConoHaサーバーにはサイト引っ越し機能が用意されており、サイト内データ(データベース)を簡単に移行することができます。もし、上手くいかない場合は「All-in-One WP Migration」のプラグインを活用する方法でも解決することができます。

また、それでもうまくサイト移行ができない場合はプロに任せるサイト移行サービスがあり、最大で10,978円で完全移行することができます。ピンチになった時は金で解決させましょう!

キャンペーンでお得に契約できる

ConoHaサーバーはWINGパック、VPSサーバーどちらもほぼ毎回キャンペーン時を実施しています。通常の割引キャンペーンでは36ヶ月契約時には月額換算687円で利用することができますが、季節の節目にはさらに割引が進み月額493円で利用できる場合もあります。

普段の割引キャンペーンも非常に安く、エックスサーバーが割引キャンペーンを行なってもこの金額に勝つことはほぼありません。また、月額493円のキャンペーン時は安さを売りにしているロリポップやさくらレンタルサーバーさえも凌ぐ安さになります。

誕生日割引や学割がある

ConoHaサーバーでは登録時に誕生日を入力しますが、その誕生日に割引クーポンが届く仕様となっています。クーポンの有効期限は1ヶ月しか持ちませんが、クーポンを使ってConoHaカードを購入しておけば割引効果が2年間継続させることができます。1年、2年契約をしている人はConoHaカードを利用して支払いに当てれば誕生日割をうまく生かすことができます。

学生・教職員は10%OFF

conohaサーバー学割

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生及び教職員はConoHaサーバーの利用料金に充てられるConoHaカード(ConoHaサーバー内で使えるプリペイドのようなもの)を10%オフで購入することができます。

学生ならキャンペーン金額よりもさらに安く利用できるのでまさにコスパ最強と言っても良いでしょう。学割は専用フォームからエントリーが必須なので以下を参照ください。

ConoHaサーバーのデメリット4選

  1. 無料お試し期間がない
  2. 長期契約に返金はない
  3. 土日祝日はサポート対応が休み
  4. 悪い口コミが多い

無料お試し期間がない

多くのレンタルサーバーには無料お試し期間が設けられていることがありますが、ConoHaサーバーには無料お試し期間はありません。そのため、移行先を見つける為にConoHaサーバー表示テストなどを行いたい場合、お金を払う必要があります。

と言っても1ヶ月や3ヶ月単位での契約ではなく、時間単位の料金で利用料を決めることができる通常プランが存在します。1時間あたり2.2円で利用でき、1ヶ月最大1320円までとなっています。

さすがに通常プランで使い続けるのはコスパが悪いですが、お試しで1週間ほど使うといった限定的な使い方であれば370円ほどで済みます。もし動作や表示速度などに問題がなければConoHa WINGの期間契約を選んだ方が断然お得です。

長期契約に返金はない

ConoHa WINGは3ヶ月以上の契約を結ぶことで最大で47%オフになるお得なパックですが、仮に36ヶ月契約をして12ヶ月で利用をやめる場合、残りの24ヶ月分の金額は戻ってきません。(支払いは契約時に一括支払いとなります)

これはどこのサーバーでも共通していることで「ConoHa WINGだけ詐欺だ」ということではありません。あくまでパック販売を購入しているので後から日割りにするなどができないのです。

途中でやめるかもしれないと思うならコスト高ですが通常プランの時間単位契約を選んだが良いでしょう。

上記を踏まえ、「ブログを本腰入れてやるぞ!」とか「他のサーバーを見てきてConoHaが一番良いかも」と思った人以外は12ヶ月パックあたりを選ぶのが無難です。筆者のように本腰を入れてサイト運用する場合は一番お得な36ヶ月契約を選ぶのが賢明です。

長期契約は覚悟がある者がする意識が必要ですね

土日祝日はサポート対応が休み

土日祝日はサポートがお休みしています。休みの日に対応してもらえない!というのはユーザーとしては不安に思うことでしょう。しかし、実際のところ、どこのレンタルサーバーも土日祝は対応していません。

メールは年中無休24時間対応なんて書いているところもありますが、受け付けるのは常時できます。したがって、対応自体は通常営業日なのでサポートの差は大して変わりません。

悪い口コミが多い

サーバー障害が起きた2021年は「安定していない」「サポートが悪い」「サポート連絡を無視された」などの口コミが非常に多かったです。そのため、ブロガー界隈の中では「ConoHa=早いけど不安定」というイメージが付いてしまっています。

しかし、2022年になってからそのような悪い口コミはほとんどないのが現状です。実際のところ2022年段階ではサーバーは安定しており、むしろ安定性抜群と言われていたエックスサーバーが2回サーバーダウンを起こしており、ConoHaの方が優位にあると当サイトでは判断しています。

ConoHaWINGの口コミ一例

筆者ははプラグインで処理する派ですが、コノハサーバーに搭載されているブログの簡単移行推奨している人、賛同する人も多いみたいですね。

4月からリリースされているウェクサル(高速化エンジン)。もちろん当サイトも利用しておりスマホ版のページスピードを80オーバーをキープできています。管理画面から簡単に設定できるのでおすすめ。

対応の遅さを指摘する声もやはりありますね。平日なら電話も繋がるので問い合わせの返答がこない場合はもう一度確認の連絡をしてみると良いでしょう。下記がサポート連絡先になります。

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

電話番号:03-6702-0428

ガイダンスの流れ

STEP ❶
  1. 技術的なお問い合わせ
  2. ご契約・料金に関するお問い合わせ
STEP ❷
  1. ConoHa WING
  2. ConoHa VPS・ConoHa for Windows Server

ガイダンスの途中でも番号を押せばステップを進めることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某月間億PVのメディアサイトで4年間SEOライターとして修行を重ね、その後WEB制作会社で営業経験を経てWEBディレクターとして活動。趣味はサイトごとのコンテンツ作成。

目次